転職する為のタイという国

さあ、勇気を出してタイ転職を決行しましょう。タイで仕事をするという選択肢があります。 日本で就職活動に辟易としている人たちに、その選択肢があったでしょうか。そうです、選択肢は狭い日本のカテゴリーにだけあるのではありません。東南アジアの中でも今タイが注目です。チャイナ・プラスワンという言葉も頻繁に聞こえるようになって来ました。
一時は中国ばかりに勢いが集中していたものですが、リスクヘッジの為に、 他国へ他国へという意識も段々と高まってきました。そして、中国の次に選ばれた国がこのタイということになります。
世界中が今タイに注目をしています。当然日本もです。 中国から工場移転が次々と起こっています。一時、大洪水という自然災害に見舞われて勢いを低下させたもののまたまた息を吹き返してきました。すぐに盛り返すことが出来るのも強さのあらわれです。
日本の場合、中国からタイへとシフトして、タイから、更にラオス、ミャンマー、バングラディッシュと言った周辺諸国へと足を伸ばすヘッドオフィス的役割として考える企業も多いと言われています。タイは転職する人たちに対しても勢いのある国である訳ですが、時代は、経済は移ろうということも意識するべきでしょう。以前ではチャイナプラスワンと言われていた訳ですが、次にはタイプラスワンという声も聞かれはじめています。
タイは、 失業率が1%以下とも言われています。仕事のフラストレーションが少ない国とも言えます。そして、その失業率の低さは、治安の安定にも繋がることなのです。
一時期、政治混乱時があり、夜間外出禁止令が出たこともありましたが、タイは本来治安のいい国であり夜の外出も問題ありません。タイに転職するからと言って治安の問題でストレスを溜める必要は一切ありません。 公共交通機関も比較的発達している国です。

外部リンク
タイ(バンコク)の求人情報