なぜタイで仕事をするのか

タイで仕事をしたい。ならば、当然タイという国がどのような国なのか知ることが大事なことです。タイは景気のいい国と思っている人たちもいるかもしれませんが、タイは実際には今、世界規模の不況に見舞われています。大きく落ち込んでいる企業も多くあります。
政局の問題も、安定視出来ない問題です。政局が安定しないということは、世界的信用度が低いと言うことにもなります。
そして、不景気な状況が続き、タイの企業が社員に対して行う仕打ちは、現在の日本企業とそれ程違いがある訳でもありません。やはり、弱者より切り捨てを受けてしまうのです。タイとリストラという問題は無関係と思っている人たちもいたのではないでしょうか。果たして本当にタイとはみなさんにとってユートピアなのでしょうか。
タイで日本人が仕事をする場合、5万バーツ以上を支払わなければならないという法律によって取り決めがあります。しかし、タイの人たちが大学を卒業して得ることが出来る初任給は1万5,000バーツ止まりなのです。この格差を、日本人がタイで評価されているという思いで留まるだけでは駄目です。
不景気の事態が起こり、それでも企業は、日本人に対して、それだけのお金を支払わなければならない訳ですから、敢えて日本人労働者を雇わないということになっています。そして、日本人労働者が有能で雇いたいと思っても、雇用することが出来ない状態なのです。

しかし、やはり日本人は有能であり、企業が日本人を求め、日本人を求めることによって、実績を上げている事実があります。会社のビジョンに一致していれば、不景気であろうと欲しい人材は欲しいのです。タイで仕事をしようと思う人たちは、タイの状況を知りもう一度なぜ就職する場所がタイであるのか追求する必要があります。

タイで求められている人材

タイの雇用は一体どんな感じなのでしょうか。タイへ旅行をしてこの国が気に入ったからタイで仕事をしたいと思う人たちもいることでしょう。ただし、旅行と転職は当然違い、タイに対して旅行以上の知識を蓄えることも必要となります。
タイの会社が求めている人材の像をしっかり見極めたいと思います。
タイの企業が求めているものは、ビジネスマナーをしっかり持っている人たちです。そして、ビジネスマナーを持っている人材は既に日本人なのです。日本人は既にタイに評価をされているので、就職活動に非常に都合がいいとも言えます。
しかし、タイ国で甘えは禁物です。タイでは、日本以上厳しいマナーの水準が要求されるかもしれません。 
更にタイでは、積極的人間が求められています。タイでちょっと用心していただきたいことと言えば、研修制度に重視していない点です。研修制度があるから大丈夫、安心と思う気持ちは既に、日本人ならではの甘えの精神かもしれません。研修制度のないタイの企業で生き抜くコツは自らが積極的に乗り出して覚えるということです。
もうタイでは最初からいきなりあなたを即戦力として捉えます。果たしてあなたはその重圧に耐えることが出来るでしょうか。日本での教えてもらっていないから出来ませんという言い訳が全く通用しないことを意味しています。
そして、タイで必要とされる事は、語学力であり、日常会話よりもう少しレベルの高いものが要求されています。タイ語も必要となって来ます。積極的に深くタイの企業、タイの国、タイの人たちと関わると言うものの、コミュニケーションがスムーズでなければなかなか難しいことです。
タイで日系企業に就職をしたいと思うのなら、半数以上が製造業と言うことになります。製造の分野では、技術指導、生産管理能力のある人たち、製造業の営業能力が求められています。タイは、能力によって充分自己を活かすことが出来る国です。