タイで仕事をする動機付けを考える(なぜタイで就職したいか)

なぜ、タイで仕事をしたいと思うのでしょうか。日本に留まりコツコツ仕事をすることは、正しい方法ではないのかもしれません。あなたは、まだまだタイの魅力に気付いていないのかもしれないですよね。他の人たちは、タイに対してどのような魅力を持ち、どのような期待をしているのか追求しましょう。
タイで就職をしたいと思っている人たちも、ただタイで仕事をしたいと言うのではなくて、なぜタイで仕事をしたいのかと言う動機付けが必要です。

2014-03

就職活動の面接では、あなたは何故タイで仕事をしようと思ったのですか?という質問は間違いなくされます。これが、あなたの合否の鍵です。
実際には、タイは既に日本と違う環境であり、タイでただ仕事をしたいと思う人たちがいるのも事実なのです。ついつい、あなたも面接でタイで仕事をしたいと思ったからと答えてしまうかもしれません。ちょっと注意したい問題です。タイの就職活動で面接官と向きあう場合、その場所はもうちょっとシビアな場所ということを理解してください。
そして、面接官の求めている回答をしなければならないと言うことです。タイで旅行していて、タイの魅力にはまりました。一見これも自然な回答に見えるもののやはりそこではアウトなのです。タイにのんびりして風土を感じました。タイの人たちの微笑みに癒されました、タイの食べ物が大好きです。どれも面接ではアウトです。もっと自分をタイにおいて、このように磨きたいという野心を面接官にアピールしてください。何故、あなたがその企業で仕事をしたいのか、更に企業にとってあなたが提供出来るメリットが必要なのです。