タイでインターシップ

タイで働きたいと思っている人たちへ。自分をまずいかに磨くことが出来るか、その問題を考えましょう。ここでお話しすることは、インターシップについてです。
インターシップって何?と思っている人たちもいるのではないでしょうか。インターシップとは、就業体験、実務研修と日本語では呼ばれる体験のことを言います。インターシップは、極々最近出来言葉と捉えている人たちもいるかもしれませんが、インターシップという言葉は既に100年以上昔より存在していたのです。それは、ある一定の期間、企業、団体の中で研修生として就業体験を積むことが出来る方法です。

インターシップにはメリットは大きいです。どんどんインターシップの実施率も、参加する人の率も高まっています。しかし、みなさんがインターシップとは何?と思っているのも当然であり理由があります。
日本のインターシップに関して言えば、内容も期間も制限されていて、思うようにインターシップというシステムが効果を発揮していないことも言えるからです。しかし、私達がタイなどに意識を向けた時に、 インターシップという言葉は俄然有用性を増して来ます。タイなど海外では、社員と同等の仕事を任されることもあります。 期間も日本とは違い長い間の体験が可能となります。在学中に、
その業界がどのような業界なのか知るにはいい方法であり、そして、ビジネスキャリアを積む為にも、インターシップは効果的です。
タイでインターシップ体験をしたい。しかし、私達は、得てして語学に対しての不安があり消極的になっているところもあるのかもしれません。そのような場合には、語学学校と組合わさったプログラムなど探してみましょう。語学学習として、一年間研修する中で、三ヶ月間インターシップにあてられるという方法などがあります。

外部リンク
IPKタイ語学校

語学研修なら、私達は受け身で居続けることが出来るかもしれません。しかし海外へ向かう意識は、受け身では成り立ちません。インターシップの能動意識が大切なのです。