タイの人材確保の問題

日本の企業がタイでビジネスを展開する為に必要なことは、 外資規制などの法規制問題、そして電力・物流などのインフラ問題をも解決しなければならないですが、同時に大きな問題は、人材の確保であり、育成なのです。
タイにおいて労働力の問題はかなり深刻と言われています。タイでは失業率が1%を切っているからです。資金に余力のある企業であれば、賃金を上げることによって、人材確保が出来るかもしれませんが、それが出来ない企業もあり、出来ない企業と出来る企業の差は離れて行くばかりです。
中小企業になればもっと人材確保は深刻な問題となります。この人材確保の問題を考えず、タイにいきなり進出する発想はとてもリスクが高いと言えます。
タイであれば、本来、 農閑期に農村から都市への出稼ぎ者が増える為に、失業率が高くなることが普通なのですが、それなのに、タイでの失業率が最低を維持し続けているままと言うのは、企業にとってかなり深刻な問題なのです。タイの都市部、製造と言った分野での労働力不足は、少子化の問題も大きく影を落としていると言われています。
そして、もう一つ賃金格差という問題が影響を及ぼしていると言われています。それは、農業と製造の賃金の格差が小さくなっていることです。 製造の平均賃金が7,983バーツ、そして、 農業の平均賃金は4,199バーツ。ここに差はまだありますが、以前と比較すれば全然縮まり、農業を行う者たちが、それ程製造に対して魅力を感じない時代ともなってしまった背景があります。

タイでの人材確保

世界10位の自動車生産国に躍進したタイです。製造業だけでなく、サービス業にも、日本企業の進出ラッシュで賑わっています。そして、ラッシュする一方で企業が悩んでいる問題と言えば人材不足なのです。
失業率1%を切る状態は、タイの労働者にとって都合のいい話しかもしれませんが、雇う企業は、なかなか優秀な人材を確保出来ないことを意味します。そして、そのような状態であれば、高い給料を支払い出来る大手企業のみが甘い思いが出来るのみなのです。
タイで人材確保の意識、これを最初に持たずに企業進出することはとても危険な発想です。この厳しい環境の中で企業がどのような方法で、求人活動をしているのかと言えば、 雇用事務所における求人、 民間の職業紹介機関の利用、 そして新聞などメディア、 貼り紙の広告、求人情報サイトへの掲載によって行われています。企業は、英語力のある人材を求め、そのような場合、英字紙の Bangkok PostやNationなどに広告を出すケースも増えてきていると言われています。しかし、やはり、今、求人を求める為に一番使用されている方法はと言えば、求人情報サイトを利用することです。やはり、タイにおいても、インターネットは欠かせないツールとなったようです。そして、少々高い手数料を支払いしなければならないものの、それでも確実に人材を確保する為に、人材紹介会社などを使用するケースも増えてきています。タイでは実際に昔かなの人から人への紹介という縁故採用が多いのも特徴です。

タイでキャリアアップ

タイでキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。
あなたはなぜ、タイで仕事をしたいと思っているのでしょうか。タイで仕事をすることが目的、タイで何が何でも仕事がしたい。そのような人たちにとってタイで仕事を探すことはそれ程難しい問題ではありません。
しかし、せっかくタイに行き、タイで仕事をする訳ですから、もう少しタイで仕事をする為の動機付けをしようではありませんか。そして、もっとランクの高いタイの企業で就職をする為に、この動機付けが面接においてもとても大事なことになります。なんであなたはタイで仕事をしようと思ったのですか?という面接官の問いに対して、あなたは、ただタイに来てみたかったからというつまらない、意味のない返事をしてしまっているのではないでしょうか。
その時、面接においても、有効的に使用出来る言葉があります。それは、キャリアアップという言葉であり、タイで仕事をする目的はキャリアアップの為なのです。タイで高い給料を得ることが目的と言う人たちもいるかもしれません。しかし、そんなにお金お金と言うのも上辺だけの問題を捉えているだけの話しではないでしょうか。キャリアアップが結果、高い賃金を導きます。あなたの能力が賃金と見合っていない場合には、すぐにボロが出て、その境遇を持続することは出来ません。キャリアアップで賃金アップを目指して行きましょう。
日本で中小企業で仕事をしていた人たちも、タイへ行けば、大手企業があなたを待ってくれています。これも、あなたにとってキャリアアップの方法です。日本ではあり得なかったことをタイにおいて経験をすると言うことです。

タイで仕事をする動機付けを考える(なぜタイで就職したいか)

なぜ、タイで仕事をしたいと思うのでしょうか。日本に留まりコツコツ仕事をすることは、正しい方法ではないのかもしれません。あなたは、まだまだタイの魅力に気付いていないのかもしれないですよね。他の人たちは、タイに対してどのような魅力を持ち、どのような期待をしているのか追求しましょう。
タイで就職をしたいと思っている人たちも、ただタイで仕事をしたいと言うのではなくて、なぜタイで仕事をしたいのかと言う動機付けが必要です。

2014-03

就職活動の面接では、あなたは何故タイで仕事をしようと思ったのですか?という質問は間違いなくされます。これが、あなたの合否の鍵です。
実際には、タイは既に日本と違う環境であり、タイでただ仕事をしたいと思う人たちがいるのも事実なのです。ついつい、あなたも面接でタイで仕事をしたいと思ったからと答えてしまうかもしれません。ちょっと注意したい問題です。タイの就職活動で面接官と向きあう場合、その場所はもうちょっとシビアな場所ということを理解してください。
そして、面接官の求めている回答をしなければならないと言うことです。タイで旅行していて、タイの魅力にはまりました。一見これも自然な回答に見えるもののやはりそこではアウトなのです。タイにのんびりして風土を感じました。タイの人たちの微笑みに癒されました、タイの食べ物が大好きです。どれも面接ではアウトです。もっと自分をタイにおいて、このように磨きたいという野心を面接官にアピールしてください。何故、あなたがその企業で仕事をしたいのか、更に企業にとってあなたが提供出来るメリットが必要なのです。

なぜタイで仕事をするのか

タイで仕事をしたい。ならば、当然タイという国がどのような国なのか知ることが大事なことです。タイは景気のいい国と思っている人たちもいるかもしれませんが、タイは実際には今、世界規模の不況に見舞われています。大きく落ち込んでいる企業も多くあります。
政局の問題も、安定視出来ない問題です。政局が安定しないということは、世界的信用度が低いと言うことにもなります。
そして、不景気な状況が続き、タイの企業が社員に対して行う仕打ちは、現在の日本企業とそれ程違いがある訳でもありません。やはり、弱者より切り捨てを受けてしまうのです。タイとリストラという問題は無関係と思っている人たちもいたのではないでしょうか。果たして本当にタイとはみなさんにとってユートピアなのでしょうか。
タイで日本人が仕事をする場合、5万バーツ以上を支払わなければならないという法律によって取り決めがあります。しかし、タイの人たちが大学を卒業して得ることが出来る初任給は1万5,000バーツ止まりなのです。この格差を、日本人がタイで評価されているという思いで留まるだけでは駄目です。
不景気の事態が起こり、それでも企業は、日本人に対して、それだけのお金を支払わなければならない訳ですから、敢えて日本人労働者を雇わないということになっています。そして、日本人労働者が有能で雇いたいと思っても、雇用することが出来ない状態なのです。

しかし、やはり日本人は有能であり、企業が日本人を求め、日本人を求めることによって、実績を上げている事実があります。会社のビジョンに一致していれば、不景気であろうと欲しい人材は欲しいのです。タイで仕事をしようと思う人たちは、タイの状況を知りもう一度なぜ就職する場所がタイであるのか追求する必要があります。