転職する為のタイという国

さあ、勇気を出してタイ転職を決行しましょう。タイで仕事をするという選択肢があります。
日本で就職活動に辟易としている人たちに、その選択肢があったでしょうか。そうです、選択肢は狭い日本のカテゴリーにだけあるのではありません。東南アジアの中でも今タイが注目です。チャイナ・プラスワンという言葉も頻繁に聞こえるようになって来ました。
一時は中国ばかりに勢いが集中していたものですが、リスクヘッジの為に、 他国へ他国へという意識も段々と高まってきました。そして、中国の次に選ばれた国がこのタイということになります。タイに進出する多くの日系企業を中心に紹介している人材紹介会社があります。また求人情報サイトも充実しています。

外部リンク
タイ(バンコク)の求人情報

世界中が今タイに注目をしています。当然日本もです。 中国から工場移転が次々と起こっています。一時、大洪水という自然災害に見舞われて勢いを低下させたもののまたまた息を吹き返してきました。すぐに盛り返すことが出来るのも強さのあらわれです。
日本の場合、中国からタイへとシフトして、タイから、更にラオス、ミャンマー、バングラディッシュと言った周辺諸国へと足を伸ばすヘッドオフィス的役割として考える企業も多いと言われています。タイは転職する人たちに対しても勢いのある国である訳ですが、時代は、経済は移ろうということも意識するべきでしょう。以前ではチャイナプラスワンと言われていた訳ですが、次にはタイプラスワンという声も聞かれはじめています。
タイは、 失業率が1%以下とも言われています。仕事のフラストレーションが少ない国とも言えます。そして、その失業率の低さは、治安の安定にも繋がることなのです。
一時期、政治混乱時があり、夜間外出禁止令が出たこともありましたが、タイは本来治安のいい国であり夜の外出も問題ありません。タイに転職するからと言って治安の問題でストレスを溜める必要は一切ありません。 公共交通機関も比較的発達している国です。

タイで描くビジョン(就職後の自分)

タイでただ仕事がしたい。タイに住むことに対してかなり甘く考える人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。いえ、ほとんどの人たちが甘い夢を見てタイに住むことを考えています。仕方ない事かもしれません。それは、旅行気分でタイに生活すると思っているためです。
仕方ないと言うものの、やはり旅行と仕事は違い、また旅行と住むは違います。
日本が嫌だからタイで仕事をしたいと言うモチベーションでいるかもしれません。それ程タイはユートピアなのでしょうか。例えユートピアだとしても、住み続けてずっとユートピアであり続けることが出来るかという問題です。
タイなら気楽に仕事が出来るという思いは余りにも安易過ぎます。タイの職場は、日本とは全く違います。日本になかったものをここで見つけることも出来るかもしれませんが、日本で当たり前と思っているものがタイの企業になかったりします。保険であり、年金であり、退職金であり、やはりしっかりタイの企業を見据える力が必要です。
タイに就職する。タイに住む。その決意はやはり生半可であってはなりません。もっともっとあなたはなぜタイで仕事をしなければならないか明確にしましょう。もっともっと、タイでの目標を明確にしましょう。そして、あなた自身のビジョンを明確にしましょう。どのような方法でビジョンをたてていいのか判らない人は、十年後の自分が、一体何をしているのか、具体的に描いてください。当然、あなたはタイでキャリアアップして、成長して行くはずです。
そして、その言葉を面接官に伝えましょう。面接官は、より長く勤務してくれる人材を求めています。そのビジョンこそ、長く居たい為のあらわれです。そして、未来のビジョンの為に現在を犠牲にする姿勢も大事なことです。初任給が多少低いとしても、ステップアップした将来を見据えてください。

タイでキャリアアップ

タイでキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。
あなたはなぜ、タイで仕事をしたいと思っているのでしょうか。タイで仕事をすることが目的、タイで何が何でも仕事がしたい。そのような人たちにとってタイで仕事を探すことはそれ程難しい問題ではありません。
しかし、せっかくタイに行き、タイで仕事をする訳ですから、もう少しタイで仕事をする為の動機付けをしようではありませんか。そして、もっとランクの高いタイの企業で就職をする為に、この動機付けが面接においてもとても大事なことになります。なんであなたはタイで仕事をしようと思ったのですか?という面接官の問いに対して、あなたは、ただタイに来てみたかったからというつまらない、意味のない返事をしてしまっているのではないでしょうか。
その時、面接においても、有効的に使用出来る言葉があります。それは、キャリアアップという言葉であり、タイで仕事をする目的はキャリアアップの為なのです。タイで高い給料を得ることが目的と言う人たちもいるかもしれません。しかし、そんなにお金お金と言うのも上辺だけの問題を捉えているだけの話しではないでしょうか。キャリアアップが結果、高い賃金を導きます。あなたの能力が賃金と見合っていない場合には、すぐにボロが出て、その境遇を持続することは出来ません。キャリアアップで賃金アップを目指して行きましょう。
日本で中小企業で仕事をしていた人たちも、タイへ行けば、大手企業があなたを待ってくれています。これも、あなたにとってキャリアアップの方法です。日本ではあり得なかったことをタイにおいて経験をすると言うことです。