タイで製造業の営業に就職するのに必要なもの

私はタイで現地採用の日本人社員として働いて、もう3年になります。営業成績は3年間変わっていません。この不況だとか不景気だとか言われているタイで3年間常に変わらず維持できている方法があります。それは接待ゴルフをマスターしたことが影響しています。これ確実です。
日本にいた時はゴルフはやったことがなかったのですが、タイに来て製造業の営業として働くようになってから覚えました。はじめはスコアも180を超えて、お客さん曰く初めてラウンドを回った時は130だとか言われていたので、それと比べると雲泥の差です。平日は遅くまで仕事をやっているので中々練習に行けませんが、毎週のようにお客さんにゴルフを誘われます。私のゴルフの腕前は100を切るまでに上達しました。練習よりも実践で培ったのが大きいようで距離を稼ぐような打ち方ではなく、コースを正確に捕らえ、パットは2打以内に収めるようになりました。
他には飲み会芸でしょうか。これは大学生時代からいじられキャラだったおかげでモノマネレパートリーが昭和歌謡から最近のヒット曲まであります。ウケが良いのは美空ひばりとコロッケのモノマネをしながら歌う美川憲一ですかね。美川憲一は、存在を知らないであろうタイ人からもウケが良いです。見た目の面白さでしょうね。
現地にいる駐在の方とは行かないのですが、お客さんの会社の上司(日本本社からくる)と会食する時は、バンコク中心のカラオケやディスコにいくことがあります。場所や料金を知っているだけでなく、その場ではっちゃけて盛り上げれば盛り上げるほど本社の方に印象に残ってもらえ、駐在の引き継ぎなど会社内の行事にも呼ばれるようになります。
タイの製造業に営業マンとして就職して3年が経ち、今年初めて年間営業成績(売り上げ)が社内で1位を取れそうです。正直、3年間売り上げが変わっていないのに、この快挙なのはタイがまだまだ不景気だと感じてしまいます。